浮気の実態

探偵は依頼されたことのみを調査すればそれで終わりとは言えません。

浮気の実態を調査し始めると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。

そういう時に、一番に依頼人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用できる探偵ということです。

信頼してもいい探偵なのかは、相談中の相手の印象を見るようにしてよく考えて判断するようにしてください。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当たり前のことですが、調査員が少数なら安く、増えるほど高くなります。

そして、尾行時に車やバイクを使うと、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認するべきでしょう。

法律上では、既婚者が婚姻関係にない人と自分から男女の関係になることを不倫と定義しています。

ということは、法律の中では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。

実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。

ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで集めようとしたら、相手に感づかれてしまう可能性はあるでしょう。

その原因はズバリ、あなたの顔を覚えているからです。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、格別違うところが無いと言っても良いでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような仕事内容は類似しています。

でも、差があるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。

あわせて読むとおすすめ>>>>>素行調査の費用って?