領収証

飲食店などの領収証の記載にはお通しの注文数から同席していた人の数が書いてある事があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

あわせて、クレジットカードの支払い項目は毎月きちんと目を通すようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、同伴者がいたと判断される事があります。

地図上の場所がわかる機械を用いて、行きつけの場所の情報を探して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。

依頼するお金が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、やってみて損はないと思われます。その機械を付けている事がバレてしまい、追及される種になることもあります。

日々の生活の中で、相手の行動を目を配っておくのは他人に頼まなくても可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を掴む場合には、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

そして、探偵に頼むという事は、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。

別段変わりは無いと言ってもよろしいでしょう。双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな違いのない仕事です。

ただし、違いをあげるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行時間が短い方が、お金がかからなくなります。

ということは、尾行を探偵に頼むなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。

自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵のほうも手間が省け、お互いのメリットとなります。

引用:浮気調査の料金の安い所を探してみた