ニュースで思ったこと

岩手県で中学2年の村松亮君が自殺したニュースをみました。
村松君が生活記録ノートや、アンケートにいじめられていることを書いていたのに、担任の先生や学校側は手を差し伸べなかったというニュースの報道を見て、私はすごく悲しい気持ちになりました。

もし、学校側がいじめのことに関してすぐに対応していれば、村松君は自殺していなかったのではと思います。村松君をいじめた生徒が、すごく憎いです。

脱毛 前橋
私も学生のときにいじめられていた過去があるので、村松君がどれだけ辛い思いをしたか、考えるだけで胸が痛くなります。私がいじめられていた時期は中学生のときでした。

その当時、いじめられていたのは私だけでなく、周りにも数人いました。今回の、いじめが原因で自殺したニュースを見てつくづく思うことがあります。いじめは一向に減らないということです。テレビのCMや、新聞等で『いじめ防止』を宣伝しているのをたまに見かけることがありますが、実際は、いじめは減るどころか、増え続けているのが現実だと思います。

悲しい現実ではありますが、私もいじめは減らないと思います。もし、自分の子供がいじめられているということを知った場合、どうなっちゃうんだろうと、自分でも分からないし、不安でいっぱいです。自分がいじめられた経験があるので、尚更です。

 

私が好きな雑誌

私は「サンキュ!」という雑誌を読む事が大好きです。
私の様な人は多々いるみたいで、ブロガーさんの記事を読むと、「サンキュ!」を紹介している人が多数います。
この雑誌の読み所は、インテリア、料理、節約と貯蓄、世間で何が流行しているか等、紹介してくれている所だと感じます。
そして、雑誌価格が安価という事も、財布に優しく有難い事です。
私がこの雑誌で注目しているのは、「節約と貯蓄」です。
いつも有効な方法が具体的に示されていて、参考にしています。
ファミリー向け雑誌ですから、節約、貯蓄ページは、家庭の家計簿が登場します。家計簿を眺め感じる事は、月収は平均が多数だと感じますが、住居費が案外高いのです。土地にも関係しますが、ローンで10万円近く毎月支払っている事も多いです。
私は「ここまで固定費が高ければ、節約に本腰いれて生活しなければならないのだなぁ」と、感じました。
節約をする必要性に迫られているから、家計簿を利用して様々な節約をしていると言えます。
その節約精神はすごく良いと感じますし、共感出来ます。
また、「サンキュ!」の切り口は、マンネリに陥りません。
節約精神が高い土地を特集していたり、読み物としてかなり関心をひくものです。
ちなみに愛知県が節約上手で、紹介されていました。
愛知県の人は、節約して高級ブランドを身に着ける術が高いそうです。節約してガッチリ貯蓄出来る所が、有意義で良いと、サンキュを読む事は楽しいです。
脱毛 前橋